2017年の御祈祷をして頂きました。

画像: この写真は、尊永寺HPからの転載です。 www.hattasan.or.jp

この写真は、尊永寺HPからの転載です。

www.hattasan.or.jp

御祈祷とは
法多山で修される御祈祷は「護摩」といい、真言宗の開祖・弘法大師がお伝えになられた真言密教の秘法です。護摩とは古代インドのサンスクリット語で「焼く」を意味する「homa(ホーマ)」を漢訳したもので、仏様の智慧の象徴である火を以って煩悩や厄災を焼き浄める修法です。法多山では平安のいにしえより、厄除けの霊験あらたかな厄除け正観世音菩薩様の御前で護摩祈祷が厳かに修め続けられ、今の世に至っております。 護摩祈祷はご本尊様の御前に設けられた護摩壇において、お導師様が護摩の火を焚いて、護摩木やお香などの供物を捧げ、願主様のお願い事を真摯に祈願されます。護摩祈祷はご本尊様の加持力(護りお助けくださる力)に加え、願主様の功徳力(達成を願い努力する力)があって、はじめてご利益が得られると云われます。お受けになるに際しては、願主様もお導師様とともにお願い事の成就を心から御祈祷くださるようお願いいたします。

厄除観音 法多山 尊永寺 到着。

画像: 仁王門(国指定重要文化財)

仁王門(国指定重要文化財)

画像: 立派な杉の木々が立ち並ぶ参道を進むと、見えて来ました‼ 先の見えない階段が~

立派な杉の木々が立ち並ぶ参道を進むと、見えて来ました‼ 先の見えない階段が~

画像: 本堂の屋根が見えて来ました。

本堂の屋根が見えて来ました。

画像: 本堂も、お正月仕様ですね。

本堂も、お正月仕様ですね。

画像: 厄除観音 法多山 尊永寺 到着。

二葉神社

画像: 二葉神社

二葉神社
かつて浜松市内にあった二葉遊郭にあった神社であり、遊郭の解体によって法多山に移築勧請された。 祭神二葉明神は芸者、茶屋など夜の世界で働く女性の守り神として信仰され、現在でもサービス業や客商売に携わる女性の商売繁盛、人気上昇、心願成就にご利益があるとされる。

不動明王像

画像: 不動明王像

不動明王像
尊名を一意一願不動明王といい、心に願うただ一つの願い事を熟願すれば成就するといわれる。尊像の前には願い事を込めた絵馬が多数奉納されている。 また毎年4月28日の大祭には柴灯護摩の秘法が修され、大勢の善男善女が願いを込めて火渡りの行に参加をする。

露店

画像: 駐車場から続く道には、多くの露店が立ち並びます。

駐車場から続く道には、多くの露店が立ち並びます。

厄除だんご

画像: 厄除だんご(くし団子)

厄除だんご(くし団子)

本年も、宜しくお願い致します。

This article is a sponsored article by
''.