画像: 嗚呼... ハーレーダビッドソン

このシルエット.... 胸が切なくなるんです。。。

ハーレーダビッドソンのカスタムだけしかやりません!! 的な、何とも、超マニアックな店を経営しておりまして、それこそ、毎日、嫌と云う程、ハーレーを目にし、そして、それをバラし、また組み直し、、、などと、そんな日々を送っている訳でありますが、正直、それが商売ベースともなりますと、時として『もう、お腹一杯です!! ハーレーなんて見たく無い!!』的な感情に支配される事がありまして.......

しかし! ここが、このハーレーと云うオートバイの恐ろしい所。先日、横浜で見かけた、このチョッパー。。。エンジンは、1970年代に生産された、通称 : ショベルヘッドと謂れ、また世界中の同じ様な輩から讃え称される逸品な訳でありますが、そんなハーレーがご覧の通り、何気げ無く道端に停められていたり致しますと、、、

その孤高のシルエットに....... 胸が締めつけれらる想いに駆られてしまう訳でありまして。。。

何ともセンス良くまとまった1台。ナローなロングフォークに、これまたナローな立ち上がりがCoolなイーグル・バー。はたまたミラーの取り付け方が最高にイカしている訳でありまして.... 更にアップスィープ&フィッシュテールのセットアップによりますエキゾースト等々。オーナーさんの拘りは、それこそ、手に取るようにワカリマス。。。

余りにも、素敵な佇まいであった故、自然とレンズが向いてしまいました。許可無く撮影をさせて頂きました事、どうかお許しを!!

画像1: このシルエット.... 胸が切なくなるんです。。。

私、子供の頃は、この様な金属関係のモノ事や、工業系に関連する一連の事など、むしろ大っ嫌いな質でありましたが、例えば、以下の写真は、タクシー専用のガソリンスタンド=LPガススタンドなのですが...... この複雑怪奇にしてCOOL過ぎる配管や、そして例えばフランジを留めるボルトとナットのコンビネーション等々、こんなシュチュエーションに出くわすと、ウットリしてしまう訳でありまして...

この歳となり、男子の本懐を遂げた気持ちにさせてくれる金属達..... やはり、金属は最高です!!!

画像2: このシルエット.... 胸が切なくなるんです。。。
画像3: このシルエット.... 胸が切なくなるんです。。。
画像4: このシルエット.... 胸が切なくなるんです。。。

This article is a sponsored article by
''.