自然公園のイベント会場へ作品を届けに行く途中 なつかしい光景をみかけた。
いまは珍しい農機具資料館などでしか見かけない農具『千歯こき』
しかも、老ご夫婦とともに働いていた。

画像: 自然公園のイベント会場へ作品を届けに行く途中 なつかしい光景をみかけた。 いまは珍しい農機具資料館などでしか見かけない農具『千歯こき』 しかも、老ご夫婦とともに働いていた。

ご主人88歳 奥さん85歳 脱穀機120歳越え
小さな半反ほどの田んぼで、ご夫婦で蕎麦を育てられていた。
おふたりで、鎌で蕎麦を刈り取り もくもくと脱穀されていた。

画像: ご主人88歳 奥さん85歳 脱穀機120歳越え 小さな半反ほどの田んぼで、ご夫婦で蕎麦を育てられていた。 おふたりで、鎌で蕎麦を刈り取り もくもくと脱穀されていた。

顔を写さないでほしいというご希望で、世間話をしながら回り込みながらシャッターを切る。
お互いに、声を掛け合うこともなく ただもくもくと。

画像: 顔を写さないでほしいというご希望で、世間話をしながら回り込みながらシャッターを切る。 お互いに、声を掛け合うこともなく ただもくもくと。

お互いの健康を気遣いながら75年
長い長い山、谷のあった人生をこの脱穀機と共にすごしてきたと言う。

画像: お互いの健康を気遣いながら75年 長い長い山、谷のあった人生をこの脱穀機と共にすごしてきたと言う。

来年もまた この地に蕎麦の実が実ればまたこの脱穀機と共にお会い出来るだろう。

This article is a sponsored article by
''.