画像: 横浜市金沢区 : 海の公園にて

初めての金沢区

なんでも、この近くに老舗の鰻屋があると云う事で、また、その鰻屋は、恐らくは横浜一の味であろうと、そう僕のお客さん、しかもお仕事は板前、の方がそう云うであるから、それは相当な味なのであろうと、数ヶ月前より、かなり気になっており、たまたまその日、時間が取れたものだから、遂に、その鰻屋を目指して出かけてみた。

行けば必ず、昼間であろうと、ビールの1〜2杯はあおる事となるので、石川町駅からJR根岸線に乗り、新杉田駅から金沢八景方面へと向かうシーサイドラインを乗り継いて行くと事とした。普段、まず滅多に電車には乗らない生活を送っているので、この1時間足らずの移動ではあるが、随分と新鮮なモノに感じた。ましてや、金沢区に出かけるなんて初めての事であり、それなりに綺麗な海がそこにはある事を知っていたので、気持ちは大層弾んでいた。。。

八景島駅近辺に差し掛かった頃より、進行方向右手には美しい海の景色が広がり、しかもその日は、完全に真夏の日差しであったので、海の色はとても青く、鰻を食した後の、浜辺にての撮影の構図をあれこれと思案しつつ、と、イメージを幾つか膨らませていると、海の公園南口駅に到着。

その老舗の鰻屋は、駅から500〜600m離れており、iPhoneのGPS機能を使いながら、静かな住宅街の中を進んだ。しばらくすると大通りに差し掛かり、その左手に目的の看板を見つける。開店前に到着し、まだ店には暖簾も掲げられていなかったが、店内の席は既に半分くらい埋まっていた。そんな訳で、我々も早々に着席。。。

結果........ 我々にとってはかなり残念な味で、完食までには至らず。。。こんな所まで、しかも電車を乗り継いで、、、と、かなりネガティブな気分で店を後にし、仕方なく、浜辺を目指す。往路の車内で膨らんでいたイメージなど、すっかりとモノクロ化しており、しかも、ベラボーに暑かった事も手伝い、10回程度シャッターを押したのみで、撮影をする気力は萎え失せ。。。時間が勿体無いものだから、帰りはタクシーで帰ろうと思いつつも、肝心のタクシーには一台も遭遇しないまま、先ほど降りた海の公園南口駅の改札に到着。大汗をかきつつの乗車は、全く気が進まなかったが、致し方なく車内の人となり、再訪はありえないであろうから、初めてにして、きっと最後になるであろう、金沢の海を見つめていた。

▷ ライカM / APO-SUMMICRON-M F2/50mm ASPH. にて撮影。

画像1: 初めての金沢区
画像2: 初めての金沢区
画像3: 初めての金沢区
画像4: 初めての金沢区
画像5: 初めての金沢区

This article is a sponsored article by
''.