浜名湖畔の通称『舘山寺花火大会』で、水面に映る花火の撮影をして来ました。

画像1: 浜名湖畔の通称『舘山寺花火大会』で、水面に映る花火の撮影をして来ました。
画像2: 浜名湖畔の通称『舘山寺花火大会』で、水面に映る花火の撮影をして来ました。
画像3: 浜名湖畔の通称『舘山寺花火大会』で、水面に映る花火の撮影をして来ました。
画像4: 浜名湖畔の通称『舘山寺花火大会』で、水面に映る花火の撮影をして来ました。
画像5: 浜名湖畔の通称『舘山寺花火大会』で、水面に映る花火の撮影をして来ました。
画像6: 浜名湖畔の通称『舘山寺花火大会』で、水面に映る花火の撮影をして来ました。
画像7: 浜名湖畔の通称『舘山寺花火大会』で、水面に映る花火の撮影をして来ました。
画像8: 浜名湖畔の通称『舘山寺花火大会』で、水面に映る花火の撮影をして来ました。
画像9: 浜名湖畔の通称『舘山寺花火大会』で、水面に映る花火の撮影をして来ました。

【灯篭流しの歴史】昭和23年に遠州観光協会が結成され、浜名湖の県立公園化と天竜下りの復活を目指すことになり、昭和24年7月に浜名湖夏祭りを主催した。この時に、弁天島花火の再開、気賀の祇園祭り、佐久米や都筑の花火祭り、新居関所まつり等と一緒に舘山寺の灯篭流しが開催されました。昭和25年5月に浜名湖県立公園が誕生し、6月には舘山寺観光協会、新居町観光協会、気賀保勝会、三ヶ日保勝会などが設立されました。
※灯篭供養観覧席は東北大震災の年から開始しました。今年は、熊本・大分の大震災で亡くなられた方々の慰霊もさせていただきます。

This article is a sponsored article by
''.