ご無沙汰してます♪

以前からちょこちょこ思うコトなんですが、「グループに投稿する為に写真を撮る」状態がしばらく続いている気がして...。こういうコトしてると、写真撮るのが面白く無いんですよね。
っちゅうコトで、一度原点に戻ってみようと"わざわざ写真を撮り行く"のではなく、身近なモノを面白く撮るということに重心を置いてみることにしました(⌒‐⌒)。

最近Instagramではじめた"上から写真"。
身近な場所やモノを真上から撮ってみるというものなんですが、コレが結構面白くて♪
ちょこっと溜まってきたんで、こちらで放出させて頂きます(*^^)v。

画像: こういうの撮るときって横からストロボ焚いて影とか消すんやろうけど、そんなコトするワケもなく…。っていうか、できないし...。

こういうの撮るときって横からストロボ焚いて影とか消すんやろうけど、そんなコトするワケもなく…。っていうか、できないし...。

画像: はじめはシュガーポットとか置いてみたんですが、思いの外ショーモナイ感じになったんでカップのみ。

はじめはシュガーポットとか置いてみたんですが、思いの外ショーモナイ感じになったんでカップのみ。

画像: 休憩中。ふと見るとエエ感じの配置やったんで。

休憩中。ふと見るとエエ感じの配置やったんで。

画像: ウチの春の風物詩です。

ウチの春の風物詩です。

写真の並びにストーリー性は全く無いんですけどね。

写真撮るときって、奥行きとかコントラストとか光の入ってくる方向とか考えてしまいがちなんですが、そういうの思い切って考えずに、その場にあるそのまんまの被写体をいつもと違う目線から撮ってみるとまた違った楽しみがあるなぁ。と。

This article is a sponsored article by
''.