+1.5から+2.0程度アンダー気味にして初夏の光が降り注ぐ様を狙ってみました。
一瞬のタイミングを逃すと微妙に違ってしまい、正に光と影の芸術だと感じます。

画像1: 丸太の階段への木漏れ陽

丸太の階段への木漏れ陽

画像: 樹木の根っこへの木漏れ陽

樹木の根っこへの木漏れ陽

画像: 少し斜面になった場所への木漏れ陽

少し斜面になった場所への木漏れ陽

画像1: シダ類への木漏れ陽

シダ類への木漏れ陽

画像1: +1.5から+2.0程度アンダー気味にして初夏の光が降り注ぐ様を狙ってみました。 一瞬のタイミングを逃すと微妙に違ってしまい、正に光と影の芸術だと感じます。

画像2: +1.5から+2.0程度アンダー気味にして初夏の光が降り注ぐ様を狙ってみました。 一瞬のタイミングを逃すと微妙に違ってしまい、正に光と影の芸術だと感じます。

画像2: 丸太の階段への木漏れ陽

丸太の階段への木漏れ陽

画像2: シダ類への木漏れ陽

シダ類への木漏れ陽

画像: 樹木の切り株への木漏れ陽

樹木の切り株への木漏れ陽

画像3: +1.5から+2.0程度アンダー気味にして初夏の光が降り注ぐ様を狙ってみました。 一瞬のタイミングを逃すと微妙に違ってしまい、正に光と影の芸術だと感じます。

画像: 小川の橋への木漏れ陽

小川の橋への木漏れ陽

画像: 小川沿いへの木漏れ陽

小川沿いへの木漏れ陽

This article is a sponsored article by
''.