臥龍桜は岐阜県高山市一之宮町にある桜で、一本の大枝が重みで地面に着き、そこから発根して独立しており、まさに、龍が臥せたような樹形をしています。
樹種は、エドヒガン桜で、幹の目通りは、周囲7.3m、枝の差し渡しは東西20m、南北30mに達します。 1973年に国の天然記念物に指定された。種類はエドヒガンザクラ。1100歳を越える老樹です。

画像: 樹齢1100年の臥龍桜 正面から撮影しました。

樹齢1100年の臥龍桜 正面から撮影しました。

画像1: 樹齢1100年の臥龍桜

画像2: 樹齢1100年の臥龍桜

この桜は、大幢寺境内にあって以前は「大幢寺の大桜」と称していました。
しかし、昭和7年の春、満開の花の咲く5月4日、みんなで花見をしていた時、「今までは、大幢寺の大桜と呼んでいたが、よい名を付けてください」という村民らの願いを聞いた大幢寺第20世の亀山道仙和尚は、当時まだ二体がつながり、まさに龍が体をくねらせるように大枝が横に伸びた樹形を見て、しばし考えた後「臥龍桜でどうだ!」と叫んだと書き残されています。
以来「臥龍桜」と呼ぶようになりました。

画像3: 樹齢1100年の臥龍桜

画像4: 樹齢1100年の臥龍桜

This article is a sponsored article by
''.