画像: 長野県 旧高遠町 現伊那市

長野県 旧高遠町 現伊那市


かつては武田信玄の家臣の城があった場所で現在は高遠コヒガンザクラの名所になっています。ここ何年かは家からも近いので満開の時期を狙って撮影に行っています。仕事と友人との都合で4月10日夜勤明けでの撮影になりました。周辺は渋滞の噂を良く聞くので夜桜撮影で通っていましたが今年は初めて夜勤明けで仮眠をし昼過ぎから高遠へと向かいました。

画像1: 高遠コヒカンザクラ撮影記

高遠城址公園内の屋台が並ぶ広場。
やっぱり青空は見えず少し残念です。
でも桜と撮影で気分は上々です♪
春霞、春曇りと言われるくらいなので春だから仕方がないですよね。
フィッシュアイを使って地面すれすれのローアングルから空を覆う桜を撮ってみました。

画像2: 高遠コヒカンザクラ撮影記

高遠コヒガンサクラです。
枝をマクロレンズにて撮影してみました。
後ろボケも桜でマニュアルWBでマゼンタ、アンバーにふり桜の印象を強めて撮ってみました。

画像3: 高遠コヒカンザクラ撮影記

機材を担いで歩き疲れた所で運良くベンチが空いたので座りました。休憩をしていたら、いつの間にか天気が良くなっていた様でタイミング良く座って居る方向から日が差してきました。逆光で撮ってみました。うまく花びらも透かせ玉ボケも写せて良かった。
HDR撮影

画像4: 高遠コヒカンザクラ撮影記

段々と日が暮れて暗くなりライトの光も入ってきました。

画像5: 高遠コヒカンザクラ撮影記

空も青から藍色に色を深めていよいよ夜桜の時間になりました。高遠城址公園でも人気のポイント桜雲橋の下から撮影しました。
HDR撮影

画像6: 高遠コヒカンザクラ撮影記

裏側から。
HDR撮影

画像7: 高遠コヒカンザクラ撮影記

閉園時間も近づいて気温も流石長野一桁まで下がり帰路につく人が増えました。なんだか皆満足そうです。

画像8: 高遠コヒカンザクラ撮影記

プロジェクターが今年から設置されていました。色々な柄が投影されていたので多重露光で3枚重ねました。

画像9: 高遠コヒカンザクラ撮影記

閉園間近になり人もほとんど居なくなり恐らく高遠城址公園で一番人気のある桜雲橋近くの池も独り占めです。水鏡が綺麗です。
HDR撮影

画像10: 高遠コヒカンザクラ撮影記

池が注目の的ですが池の上も綺麗なんです。
HDR撮影

今年も高遠城址公園で撮影でき良かった。
また来年も撮影に行くと思います。
最後まで閲覧ありがとうございました。
写真は全て撮って出しです。
使用機材
Canon EOS 7DMK2
SIGMA 10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM
SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM
Canon EF-S 18-135mm IS STM

This article is a sponsored article by
''.