今日にある東寺の五重塔がライトアップされて趣が有ります。

東寺は正しくは教王護国寺といい、平安建都の際、都の南玄関、羅城門の東に作られたそうです。
後に空海が賜り、密教の根本道場(こんぽんどうじょう)とし、今に至っているという事です。
五重塔(国宝)は、京都駅前のビルの林立する中で木造建築の美を際立たせてそびえたち 高さ約55メートルの日本最高の塔で、寛永21年(1644年)に、徳川家光が再建奉納したものと言いますから大変貴重な歴史建造物です。
講堂(重要文化財)にあるわが国現存最古の密教彫刻の一群や金堂(国宝)、大師堂(国宝)、蓮花門(国宝)など見所も多く、境内は史跡に指定されているそうです。

今回は五重塔のライトアップを紹介いたします。
但し閉館後に当時の外壁越しに撮影しているため完全な五層の姿は撮影できていません。

画像1: 今回は五重塔のライトアップを紹介いたします。 但し閉館後に当時の外壁越しに撮影しているため完全な五層の姿は撮影できていません。

画像2: 今回は五重塔のライトアップを紹介いたします。 但し閉館後に当時の外壁越しに撮影しているため完全な五層の姿は撮影できていません。

画像3: 今回は五重塔のライトアップを紹介いたします。 但し閉館後に当時の外壁越しに撮影しているため完全な五層の姿は撮影できていません。

画像4: 今回は五重塔のライトアップを紹介いたします。 但し閉館後に当時の外壁越しに撮影しているため完全な五層の姿は撮影できていません。

画像5: 今回は五重塔のライトアップを紹介いたします。 但し閉館後に当時の外壁越しに撮影しているため完全な五層の姿は撮影できていません。

画像6: 今回は五重塔のライトアップを紹介いたします。 但し閉館後に当時の外壁越しに撮影しているため完全な五層の姿は撮影できていません。

画像7: 今回は五重塔のライトアップを紹介いたします。 但し閉館後に当時の外壁越しに撮影しているため完全な五層の姿は撮影できていません。

画像8: 今回は五重塔のライトアップを紹介いたします。 但し閉館後に当時の外壁越しに撮影しているため完全な五層の姿は撮影できていません。

This article is a sponsored article by
''.