画像: モモが居なくなって55日目、沙羅、来る。。。

モモが亡くなった次の日に生まれていた子でした。。。

モモが亡くなった次の日、2015.11/22に沙羅は生まれておりました。モモの四十九日が終わり、何となくホッとした気分でおりましたが、それでも、新しい子を我が家に迎入れる気などは毛頭無く、暫くの間は、モモの想い出や、モモが残していってくれたモノの中に埋もれていたいと思っておりました。

しかし、モモの四十九日から約一週間後、本当にひょんな事から沙羅が居る事を知り、そして知ったその日の内に沙羅を家に連れて帰って来たものですから、自分としても少々驚きの出来事でありました。ましてや、その時沙羅が居たのは埼玉県の深谷市。会社からですと、片道3時間は掛かる場所でありまして、普段、滅多に会社からは出ないボクの事を知る人がその話を聞いたら、そのフットワークの軽さに驚かれる事と思います。。。

埼玉県深谷市と云うのが、またミソでありまして...

『深谷市って、一体高速道路は何処を走れば良いのか? 関越、或は東北道だったっけ??』などと思いつつ、google mapを開いて見ますと、最寄りの降り口は [ 花園 ] 。。。

ここで、一つ『ははぁ〜〜〜ん。。。なるほど、モモ、そう云う事ね!!』と、大いに思い至る事がありまして.... 花園インターを降りまして秩父方面に少しだけ走りますと、ボクの家のお墓があります。この数年の間、行きたくても行けずじまいであった場所だったのですが、モモが今回も上手い事アレンジをしてくれたのでありましょう。こう云った類いの出来事は、モモが亡くなってから幾つもありまして、ですので、今回、花園インターの場所を確認した時、直にそうピンと来ました。

モモが仕組んだ策略ですので、これは何も疑う事無く、ボクは全く安心して会社を後にした次第。最も会社を出たのが午後3:00頃でしたので、お墓に到着したのは午後6:00を過ぎており、辺り一面、真っ暗の中での墓参りとなってしまいましたが。。。

これで、モモの命を繋げる事が出来る。。。

モモが亡くなった次の日に生まれていたと云う事が、ボクに取っては何よりも大切でありまして.... 別段、沙羅をモモの生まれ変わりだとかは、全く思っていません、し、むしろ、沙羅の事をそうは思いたくありません。モモはモモ。沙羅は沙羅。ただ、そんな時間の繋がり方ですから、また、ここから先何年もの間、モモの話の続きをする事が出来る訳でありますので、なんてボクは幸せ者なのでしょうか.....

ましてや沙羅は、ソマリと云う種類で毛の色がブルーと呼ばれるタイプなのですが、このブルーは生まれる個体数が圧倒的に少なく、飼い主側の方で、いくらお迎えの準備が整っていても、希望するタイミングで迎え入れる事は至難の技。。。

もう何年も前から、妻と次にネコを迎える事が出来るとしたら、それはソマリのブルー、そして絶対に女の子がいい、などとそう話をしておりましたが、そんな事情でありますので、その夢を叶える事は中々難しいだろうなどと、そう思ってもおりました。ですので、そんな辺りも、これは、やはり完全にモモの策略であると、そう思う訳でありまして、モモに感謝している次第です。

『沙羅と書いて、命を繋ぐ者』と読む。。。モモが使っていたベットで小さな寝息を立てる沙羅を見ていると、とても幸せな気分となり、心の底からの笑みがこぼれます。。。

画像1: これで、モモの命を繋げる事が出来る。。。

画像2: これで、モモの命を繋げる事が出来る。。。

画像3: これで、モモの命を繋げる事が出来る。。。

画像4: これで、モモの命を繋げる事が出来る。。。

画像5: これで、モモの命を繋げる事が出来る。。。

画像6: これで、モモの命を繋げる事が出来る。。。

画像7: これで、モモの命を繋げる事が出来る。。。

This article is a sponsored article by
''.