朝、それぞれの餌地へ行っていた白鳥たちがねぐらへ帰ってくるのが夕方5時過ぎ。
陽は落ちてそまって、次第に暗くなっていく。
そんな中で自分への挑戦。
100-400mmの望遠でSS1/15固定で撮ってみた。
どこへ舞い降りるかわからないので三脚は使わず手持ち。
決して満足できるものではないけれど、意外とおもしろい表現になったので載せてみました。

画像1: 朝、それぞれの餌地へ行っていた白鳥たちがねぐらへ帰ってくるのが夕方5時過ぎ。 陽は落ちてそまって、次第に暗くなっていく。 そんな中で自分への挑戦。 100-400mmの望遠でSS1/15固定で撮ってみた。 どこへ舞い降りるかわからないので三脚は使わず手持ち。 決して満足できるものではないけれど、意外とおもしろい表現になったので載せてみました。

画像2: 朝、それぞれの餌地へ行っていた白鳥たちがねぐらへ帰ってくるのが夕方5時過ぎ。 陽は落ちてそまって、次第に暗くなっていく。 そんな中で自分への挑戦。 100-400mmの望遠でSS1/15固定で撮ってみた。 どこへ舞い降りるかわからないので三脚は使わず手持ち。 決して満足できるものではないけれど、意外とおもしろい表現になったので載せてみました。

画像3: 朝、それぞれの餌地へ行っていた白鳥たちがねぐらへ帰ってくるのが夕方5時過ぎ。 陽は落ちてそまって、次第に暗くなっていく。 そんな中で自分への挑戦。 100-400mmの望遠でSS1/15固定で撮ってみた。 どこへ舞い降りるかわからないので三脚は使わず手持ち。 決して満足できるものではないけれど、意外とおもしろい表現になったので載せてみました。

画像4: 朝、それぞれの餌地へ行っていた白鳥たちがねぐらへ帰ってくるのが夕方5時過ぎ。 陽は落ちてそまって、次第に暗くなっていく。 そんな中で自分への挑戦。 100-400mmの望遠でSS1/15固定で撮ってみた。 どこへ舞い降りるかわからないので三脚は使わず手持ち。 決して満足できるものではないけれど、意外とおもしろい表現になったので載せてみました。

画像5: 朝、それぞれの餌地へ行っていた白鳥たちがねぐらへ帰ってくるのが夕方5時過ぎ。 陽は落ちてそまって、次第に暗くなっていく。 そんな中で自分への挑戦。 100-400mmの望遠でSS1/15固定で撮ってみた。 どこへ舞い降りるかわからないので三脚は使わず手持ち。 決して満足できるものではないけれど、意外とおもしろい表現になったので載せてみました。

画像6: 朝、それぞれの餌地へ行っていた白鳥たちがねぐらへ帰ってくるのが夕方5時過ぎ。 陽は落ちてそまって、次第に暗くなっていく。 そんな中で自分への挑戦。 100-400mmの望遠でSS1/15固定で撮ってみた。 どこへ舞い降りるかわからないので三脚は使わず手持ち。 決して満足できるものではないけれど、意外とおもしろい表現になったので載せてみました。

画像7: 朝、それぞれの餌地へ行っていた白鳥たちがねぐらへ帰ってくるのが夕方5時過ぎ。 陽は落ちてそまって、次第に暗くなっていく。 そんな中で自分への挑戦。 100-400mmの望遠でSS1/15固定で撮ってみた。 どこへ舞い降りるかわからないので三脚は使わず手持ち。 決して満足できるものではないけれど、意外とおもしろい表現になったので載せてみました。

画像8: 朝、それぞれの餌地へ行っていた白鳥たちがねぐらへ帰ってくるのが夕方5時過ぎ。 陽は落ちてそまって、次第に暗くなっていく。 そんな中で自分への挑戦。 100-400mmの望遠でSS1/15固定で撮ってみた。 どこへ舞い降りるかわからないので三脚は使わず手持ち。 決して満足できるものではないけれど、意外とおもしろい表現になったので載せてみました。

この辺りになると、肉眼でもかろうじて見える程度。
カメラを信じてシャッターを切り続けるっきゃない。

画像: この辺りになると、肉眼でもかろうじて見える程度。 カメラを信じてシャッターを切り続けるっきゃない。

これを最後にして撤収。
時間は17時半を回っている。
晴れていれば、もう少し明るいだろうけど これ以上は無理だろう。
そろそろ北帰行も始まるし、今度は旅立ちの様子を撮ってみたいと思う。

This article is a sponsored article by
''.