トリミングの難しさ

本来なら被写体、背景、自分のイメージが重なった瞬間を撮れれば最高です!
何もいじる必要のないと思います。
しかし、私はカメラの技術が未熟なために思うような写真を撮るのは非常に困難です。
しかも好きな被写体は警戒心が強く絶えず動き回るという大変さw
そこで、時々トリミングをして被写体のイメージを出す事があります。
トリミングは自分のイメージにできる楽しさがあります!
しかし、少し切り取る位置を変えただけでも写真のイメージがガラッと変わってしまいます。

画像: 元の写真 獲物を狙うような鋭い目が印象的でした

元の写真
獲物を狙うような鋭い目が印象的でした

画像1: ほぼ中央にしてトリミング

ほぼ中央にしてトリミング

画像: 左斜め上にずらしてトリミング 迫力が増したような気がします

左斜め上にずらしてトリミング
迫力が増したような気がします

画像: 元の写真 この写真も周りの風景とアオサギの感じが好きです

元の写真
この写真も周りの風景とアオサギの感じが好きです

画像2: ほぼ中央にしてトリミング

ほぼ中央にしてトリミング

画像: 左にずらしてトリミング 川の玉ボケが活きてアオサギに表情が出たように思えます

左にずらしてトリミング
川の玉ボケが活きてアオサギに表情が出たように思えます

カメラや写真の基礎を学んでいない私が、トリミングをやってみて被写体の位置で写真の印象が全然違うという事を覚えました。
いつか、トリミングなしでイメージした写真を撮る事ができるようになりたいです。
色んなことにチャレンジして楽しんでいますw

This article is a sponsored article by
''.