画像: ソマリの子猫:沙羅が来る。。。

2016.1/13 いつもの日常。。。

2016.1/13 水曜日。その日は、全くいつも通りの定休日でありまして、時刻にして pm 21 : 30 頃、とにかく、その日はこんな風にして何事も無く終わって行きました。。。まさか、次の日に新しい家族が増えるなんて、これっぽちも想像をしないまま......

2016.1/14、子猫 : 沙羅が来る。。。

画像1: 2016.1/14、子猫 : 沙羅が来る。。。

深夜、僕たちは沙羅と共に家に帰りました。唐突と云えば唐突、しかし、必然と云えば必然。。。彼女はソマリと云う種類のネコで、体の色からブルーと呼ばれる種類の女の子であります。以前より、二人して、もし次にネコを飼う機会があったら絶対にソマリのブルーが良いと、よくそう話はしておりましたが、ソマリのブルーは、その個体数がとても少なく、よっぽどのタイミングでなければ、そんな希望を叶える事は難しいので、そんな話も半ば夢物語であった訳でありましたが....

沙羅とは実に不思議な巡り合わせだったと思います。しかし、そこには十分、ヤツの陰謀が働いていた事を、僕たちは十二分に感じていた訳でありまして、、、もし、そうでもなければ、前日まで子猫の子の字も無かった僕らが、こんな風に子猫と共に帰宅をする訳がありません。

2015. 11/22の生まれの沙羅。今回の陰謀、その首謀者たるモモ : 溺愛したわが娘ネコの亡くなった次の日に生まれておりました.... その他、諸々、モモの仕掛けた妖術に導かれ、遂にその日、沙羅は我が家にやって来ました。。。

☆ 沙羅と云う名前は、モモが亡くなってから2週間、或は3週間ほど経った頃でしょうか、会社に向かう車の中で、次に家に来る子の名前を決めたと、そう突然、妻が云い出しまして... 普段より控えめな性格の彼女からすると、随分と積極的な話でありましたので、ボクは少々驚いた事を覚えております。その名前が『沙羅』でありまして、更に、もう一人の子!! には『蓮』と名付けると、そう彼女は云っておりまして..... そんな訳で、果たして『蓮』ちゃんまでが、我が家にやって来てしまうのでしょうか。。。

画像2: 2016.1/14、子猫 : 沙羅が来る。。。

画像3: 2016.1/14、子猫 : 沙羅が来る。。。

画像: モモの日常品があれこれと置かれていたスペースでしたが、モモが居なくなり、綺麗に片付けてしまっておりまして、その何にも無くなった感じが無性に寂しい光景であった訳ですが、こうして子猫用のあれこれが置かれる様になり.... 大袈裟ではありますが、なにか『人生の希望』的な感じを覚えた次第であります。。。

モモの日常品があれこれと置かれていたスペースでしたが、モモが居なくなり、綺麗に片付けてしまっておりまして、その何にも無くなった感じが無性に寂しい光景であった訳ですが、こうして子猫用のあれこれが置かれる様になり.... 大袈裟ではありますが、なにか『人生の希望』的な感じを覚えた次第であります。。。

This article is a sponsored article by
''.