愛らしさ満点!!

カルガモ親子が皇居のお堀にお引越しなんて話題になるくらい、全国の河川、湖沼、公園の池などの水辺で一年中見られる身近な鳥です。
大きさは61cmほどで、食性は雑食です。

画像: 公園の池で

公園の池で

見た目だけでなく、歩く姿形や何気ない仕草も本当に愛らしいです♪

画像: ウォーキングコースの用水路 餌を採ろうと突然ジャーンプッ!

ウォーキングコースの用水路
餌を採ろうと突然ジャーンプッ!

カルガモは卵を7〜9個産みます。
生まれた雛は初めて見たものを親だと思う、この習性を"すりこみ"といいます。

画像: 美味しいものあるかな〜♪

美味しいものあるかな〜♪

でも、全てが無事に育つわけではなくヘビやカラス、イタチなどに卵や雛は食べらて無事に育つのは2、3羽くらいです。
自然界は厳しいですね〜

画像: お母さんのマネして

お母さんのマネして

画像: 団子虫めっけ♪

団子虫めっけ♪

画像: タンポポの綿帽子と一緒に

タンポポの綿帽子と一緒に

皆さんもカルガモと写ん歩の友達になってくださいw

This article is a sponsored article by
''.