画像: 池上本門寺にて...

年始のご祈祷を受けに。。。

先日の定休日の日、年始のご祈祷をして戴くため、東京は大田区に在ります池上本門寺に行って参りました。国内屈指の大動脈であり、日々非常に交通量の多い国道一号線 (第二京浜) から、ほんの少ししか離れていないのにも関わらず、この広大とも云えるエリア一帯の静けさや、いたる所で感じられる空気のピンと張りつめた感じは、まるで京都か鎌倉にでも居る様な錯覚を覚える訳でありまして.....

予備知識の殆どを持たぬまま来てしまった次第でありまして、その後、色々と調べました所、境内各所には、歴史的にも非常に価値の高い建物等々が多々点在をしていた事を知りました。ただ、こちらのお寺でしたら、会社から車で30分も走れば着く場所でありますので、近々、またお邪魔をさせて戴こうかと。。。とにかく、東京にこの様な場所が在った事は、驚きました。

池上本門寺は、日蓮聖人が今から約七百十数年前の弘安5年(1282)10月13日辰の刻(午前8時頃)、61歳で入滅(臨終)された霊跡です。
日蓮聖人は、弘安5年9月8日9年間棲みなれた身延山に別れを告げ、病気療養のため常陸の湯に向かわれ、その途中、武蔵国池上(現在の東京都大田区池上)の郷主・池上宗仲公の館で亡くなられました。
長栄山本門寺という名前の由来は、「法華経の道場として長く栄えるように」という祈りを込めて日蓮聖人が名付けられたものです。そして大檀越の池上宗仲公が、日蓮聖人御入滅の後、法華経の字数(69,384)に合わせて約7万坪の寺域を寄進され、お寺の礎が築かれましたので、以来「池上本門寺」と呼びならわされています。
毎年10月11日・12日・13日の三日間に亘って、日蓮聖人の遺徳を偲ぶ「お会式法要」が行われ、殊にお逮夜に当たる12日の夜は、30万人に及ぶ参詣者で賑わいます。
そして池上本門寺は「日蓮聖人ご入滅の霊場」として700年余り法灯を護り伝えるとともに、「布教の殿堂」として、さまざまな布教活動を展開しています。

画像1: 年始のご祈祷を受けに。。。

画像2: 年始のご祈祷を受けに。。。

画像3: 年始のご祈祷を受けに。。。

画像4: 年始のご祈祷を受けに。。。

画像5: 年始のご祈祷を受けに。。。

画像6: 年始のご祈祷を受けに。。。

画像7: 年始のご祈祷を受けに。。。

画像8: 年始のご祈祷を受けに。。。

画像9: 年始のご祈祷を受けに。。。

画像10: 年始のご祈祷を受けに。。。

This article is a sponsored article by
''.