きたる1月17日に

真鶴町岩海岸にて
どんど焼きが行われます

先日ふらりと岩海岸へ行ったら、
準備していました。

画像1: きたる1月17日に

画像: 四方に縄を拡げ、引っ張ります

四方に縄を拡げ、引っ張ります 

画像2: きたる1月17日に

画像3: きたる1月17日に

画像4: きたる1月17日に

画像5: きたる1月17日に

画像6: きたる1月17日に

初めて見る❢と話したら、
作業していたオジサマがしきたりを教えてくれました。 

上のダルマが向いているのは、
この地区の氏神様、稚児神社の方角

縦の竿は七m
横2本は三mと五m
つまりは「七五三」を意味しているそうです
 (聞いただけでそれ以上は個人的に調べていません。)

生まれも育ちも岩っ子の 
オットに話したら、知らなかったらしく喜んでました。
オットも私も、
この漁師町ならではの「帆」の形じゃないか?としかおもっていなかったので。

オットが知っていたのは
「人口が多かった昔は、地区の中でも組み分けでいくつか建てられていたが、組同士の子どもたちが壊し合うので、子どもたちに交代で一晩ずつ見張りをさせていたらしい。」とのこと。

画像7: きたる1月17日に

画像8: きたる1月17日に

画像9: きたる1月17日に

青空の下、作業する人と、動かされる笹だけ、揺れるブレが出たらいいな!といろいろカメラをつつきましたが、
なかなか!こういう時にフィルターがいるのね(笑)

画像10: きたる1月17日に

画像11: きたる1月17日に

画像12: きたる1月17日に

中は神さまのお部屋ができています(^^)

画像13: きたる1月17日に

1月17日午後一くらいから。
岩のお囃子隊も出て、

なかなかのフォトジェニックですよ~❢

This article is a sponsored article by
''.