お義母さんに届ける、小さなお節。
主に私が作ったもの、煮物を中心に詰めますが、今年は本当に忙しい年で、里芋、筍のおかか煮が間に合いませんでした。
そのかわりに、頂いたサンマの味醂干しを入れたりして。
できるだけ華やかに、開けた途端に気持ちが明るくなるように、いろんな願掛けをしながら詰めて。。
お昼間に主人に届けてもらったら、お義母さんから電話をもらいました。

画像1: 心を詰めて

「忙しかったのに、本当にありがとう。今年は1人だからもう何にもしなかったから、私はもう今晩頂くつもりでね。。ひと足早いお正月が無事に来てくれるわね~♪」
と明るい声でした。

少しホッとしました。
どんなカタチでも気持ちが伝わればいい、それだけを思っていたから。

私個人的としてもいろんなことがあった今年。あり過ぎた今年。
人生の時間は過ぎ行くものなのだと認識を新たにして...。

いろんなことでアタマがいっぱいでしたが、今は胸がいっぱいです。
全てに感謝。
そしてこれからに願って、感謝を忘れずに生きていきたい、成長していきたいと思っています。


なかなか至らない現実だけれど。。
(;・∀・)ひゃーっ。。

2016年がより良き年でありますように。。

画像2: 心を詰めて

This article is a sponsored article by
''.