舞浜の海辺から

 2015年も残す所後少し。年の瀬のこの時期は、夕暮れから夜の間は目まぐるしく空の色が変わるので、それを撮影するため日没30分前に家を出発して、舞浜にある某テーマパークの裏へ。このポイントは東京ゲートブリッジと富士山が重なって見えるポイントなので、それも撮影します。

 沈む夕日と飛行機と

 まずは箱根の山に沈む夕日と羽田空港に着陸する飛行機のコラボレーション。夕日の赤色をバックに何機のも飛行機が1分置きに羽田空港に着陸していきます。それらを眺めながら、丁度、山の端に太陽が掛かったところで満を持してシャッターを切ります。もっと寄れれば良いのですが、手持ちのレンズではこれが限界でした…

画像: 夕日に向かって着陸態勢に入る飛行機のシルエット。

夕日に向かって着陸態勢に入る飛行機のシルエット。

画像: 飛行機が右から左にターンするポイントで真後ろから撮ることができます。

飛行機が右から左にターンするポイントで真後ろから撮ることができます。

マジックアワー

 私がこの既設で一番好きな時間、マジックアワー。ここは手元にある広角レンズで広く空を撮影します。この地上近くのオレンジから空の高い所の紫色に変わるグラデーションが私の心を鷲掴み!更に富士山のシルエットがワンポイントで入ると、グッと写真が引き締まる気がします。

画像: 縦構図のマジックアワー。空の高い所になるにつれて紫が濃くなるのが最高です。

縦構図のマジックアワー。空の高い所になるにつれて紫が濃くなるのが最高です。

画像: 横構図のマジックアワー。地上近くのオレンジの帯と富士山のシルエットがポイントになっています。

横構図のマジックアワー。地上近くのオレンジの帯と富士山のシルエットがポイントになっています。

東京ゲートブリッジと富士山のシルエット

 マジックアワーをひとしきり堪能した後は、一番の目玉である東京ゲートブリッジと富士山のコラボレーションです。東京ゲートブリッジのライトアップが始まらないと魅力半減なので、寒い中暫く待ちましたが、待った甲斐がありました。丁度、富士山の山裾で影になった部分にゲートブリッジが浮かび上がるように撮影出来ました。だいぶ暗くなったので10秒のスローシャッターで撮影したのですが、風が少し強くて現像するまでブレていないか心配でしたが、なんとかブレていない写真が取れていたので、パソコンの前でホッとしました。

画像: 富士山のシルエットのインパクトがかなりあり、東京ゲートブリッジが脇役ですね。

富士山のシルエットのインパクトがかなりあり、東京ゲートブリッジが脇役ですね。

画像: ちょっとマジックアワー感もありながらのコラボレーション。

ちょっとマジックアワー感もありながらのコラボレーション。

最後に

 思っていた通りの夕暮れから夜の間の素晴らしい時間での撮影ができました。身近にある撮影スポットを探して、これからも自転車に乗って素晴らしい景色を撮影していきたいと思います。
 最後までご覧頂きありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.