SAVEJAPANプロジェクト  錦江湾のおもしろ生きもの観察ツアー‘冬‘

先週末、家族でこちらに参加してまいりました。

地域の自然環境に関心を持ち、生物多様性を理解し、環境保全活動に参加するきっかけを提供しているこのプロジェクト。
プロジェクトは2011年から全国各地で実施しているのですが、最近知った我が家は今回が初参加となりました。

今回は野鳥観察がメインのイベント。
小学生の親子約20名の参加でした。

まずは野鳥観察についての注意点と双眼鏡の正しい使い方のお勉強。

画像1: SAVEJAPANプロジェクト  錦江湾のおもしろ生きもの観察ツアー‘冬‘

しっかりとレンズ調整をして狙うは・・・・

画像2: SAVEJAPANプロジェクト  錦江湾のおもしろ生きもの観察ツアー‘冬‘

遠くでスタッフさんが持っている野鳥のパネル!
何の鳥か当てっこゲームです(笑)
肉眼では判別不可ですが、学んだとおり双眼鏡のピントを合わせると小学生でもちゃんと答えられていました(*^_^*)

双眼鏡の使い方をマスターしたところで、いよいよ野鳥観察スタートです。
約1時間にわたり、いろんな仕草のいろんな野鳥を見ました。
この時期このあたりには、多種にわたり600~1000羽以上越冬しているのだろうです。(毎朝数えているオジチャンがいるのだそう・・・)

画像: カワウ・キンクロハジロ・ホシハジロが主に写っています。

カワウ・キンクロハジロ・ホシハジロが主に写っています。

画像: エサを捕っているダイサギ(空振りでした(笑))

エサを捕っているダイサギ(空振りでした(笑))

画像: うたた寝中のハマシギ一家

うたた寝中のハマシギ一家

画像: クロツラヘラサギの美しい飛翔

クロツラヘラサギの美しい飛翔

寝ている鳥、エサを探している鳥、気持ちよさそうに飛んでいる鳥。
自宅付近では見られない鳥たちに子供たちは興味津々です。
ところどころで、観察している鳥をスタッフさんが小学生でもわかりやすく解説してくださいました。(特徴・なぜここにいるのか?等々)
時折動画も見せながら説明してくださり、大人も興味津々です(笑)

画像: クロツラヘラサギの捕餌シーンを動画で観察。 特徴ある嘴との関係を知り理解を深めていました(*^_^*)

クロツラヘラサギの捕餌シーンを動画で観察。 特徴ある嘴との関係を知り理解を深めていました(*^_^*)

「こんなにいっぱい鳥がいてすごいよね! 来年もまた帰ってきてほしいよね! じゃあ・・・来年も、再来年もそのあともずっとずっと帰ってきてくれるには、どうしたらいいのかな?」
スタッフさんの問いかけに真剣に考える低学年の子たち。
模範解答を言える高学年の子も。
そのことを考えるところまでが今回のイベント。

画像3: SAVEJAPANプロジェクト  錦江湾のおもしろ生きもの観察ツアー‘冬‘

我が子たちもそれぞれ考え、学校宿題の日記に書いていました。
自分たちの小さな心がけや努力でも、今日見たこの鳥たちの未来を守ることにつながる・・・。
そう感じてくれたようでした。

SAVE JAPANプロジェクト
野鳥に限らずあらゆる自然保護に関するイベントを行っています。
我が家もまた参加したいと思います(*^_^*)


This article is a sponsored article by
''.