日本で一番小さな啄木鳥(きつつき)

小啄木鳥(コゲラ)という鳥を紹介します。
コゲラは日本最小の啄木鳥です。
体長は約15cmくらいです。
一年中見ることができ、森林があれば都会の公園でも生息しています。
鳴き声は「ギィーギィー」という古い戸を開閉する時のような声で鳴きますw

画像: 虫をゲット!!

虫をゲット!!

暖かい季節は葉や枝に付いた虫や実などを食べ、寒くなると木の中にいる虫を突ついて穴を開けて食べます。

画像: カメラを無視して一生懸命に巣穴を掘ってますw

カメラを無視して一生懸命に巣穴を掘ってますw

画像: 木屑を加えて外に吐き出してます

木屑を加えて外に吐き出してます

巣は枯れた木に穴を掘ったり、元々空いている穴を利用します。

画像1: 日本で一番小さな啄木鳥(きつつき)

体の割りに足が大きく爪も鋭いので、ガッシリ木に掴まる事ができ逆さまでも大丈夫です。

画像2: 日本で一番小さな啄木鳥(きつつき)

大好きな鳥の一つを紹介させていただきました。
皆さんも近くで「ギィーギィー」という鳴き声や「コツコツ」という木を突つく音を耳にすることがあったら探してみてください。

This article is a sponsored article by
''.