私の中で身近なお豆さんは大豆

私の母はお料理を感覚で覚えたのか、確かに上手で、特に煮物が絶品。
大きなお鍋で幾品もドサーっと作ります。
ただ...教え方が...あまりにザックリしていて、全て目分量、だから聞いたところで

「あのぐらいだよ、クルーっとひとまわりくらい、で味を見てさ...」
「...。」

何のことかサッパリわからぬ。

そんな母が冬に向かう頃になると、必ず作っていたのが大豆を使った、肉味噌。
とにかく豆を食べさせようとしたんだと思います。
今回、私は鶏のミンチを使いましたが、コッテリしてもいいなら何でもありのような気がします。
お味噌は市販の甘いお味噌をのばすようにしながら煮詰めました。
大豆と胡麻を一緒に摂るといいと聞いたことがあって、すりごまを入れています。

ご飯の上に少しずつのせて食べてもよし。
ふろふき大根にのせて食べてもよし。
おでんにももちろんよし。

ウチでは主人も私も歯ごたえのある方が好みなので、お豆は少し固めに炊きますが、お義母さんは柔らかめがいいらしかったです。

好みはいろいろですな(๑˙❥˙๑)

ボリュームがあるので、これがひとつあるだけで食卓が助かります。

画像1: 私の中で身近なお豆さんは大豆

もうひとつは、五目豆にならなかったけどとりあえず、ゴボウと人参で煮てしまった、あり合わせ豆。
昆布を忘れたので、昆布茶をダシがわりにして煮ました。

もぐもぐモグモグ。

画像2: 私の中で身近なお豆さんは大豆

この、なんというか、噛んでいるときの歯応えがタマラナイのです。
食いしん坊、バンザイ!

This article is a sponsored article by
''.