写真は、我が家に伝わるガラスの小鉢です。

画像: 写真は、我が家に伝わるガラスの小鉢です。

もう、ずっと長い間、この小鉢は、例えば食パンや何やらを買ったら、勝手に付いてくる、そんな程度のガラスの器だとボクは思っていました。

昨晩、ほうれん草のおひたしを盛る器をどれにしようかとなった時、この何とも安普請な小鉢だけは嫌だなと、そんな理由を添えてウチの女将さんに告げた所、『それは違う。そのガラスの小鉢は25年くらい前に、渋谷のIn the Roomで買ったモノだ』と云う事となり、彼女は購入時の金額迄覚えておりました。

1ヶ¥2,800… それが我が家には2つあります。金額はさておいて、25年近く前からこれを使っていたのか、などと云う感慨と共に、そう云われてよくよくその小鉢を手に取って観ますと、確かにその金額に見合った造りでもあった訳でありまして。。。

全く間の抜けた思い込み… このガラスの小鉢、これからは大層大切に扱われるに違いありません。

This article is a sponsored article by
''.