ヒストリー
1900年、岐阜県多治見市と名古屋駅を結ぶ国鉄中央本線が開通した。その時、多摩・千里と共に3大マンモスニュータウン春日井市高蔵寺エリア裏山の庄内川沿いの定光寺から多治見間の8キロあまりの距離に全国でも珍しい14ヶ所ものトンネルが掘られたが、1961年、新ルート開通によりこれらの鉄路が廃線となり、約8キロの軌道敷は川沿いの急峻な崖にあったため、2006年に市民の手で発見されるまで約半世紀の間、人々の記憶から消え去っていた。(荒野のヒカリ ブログより)

画像: ヒストリー 1900年、岐阜県多治見市と名古屋駅を結ぶ国鉄中央本線が開通した。その時、多摩・千里と共に3大マンモスニュータウン春日井市高蔵寺エリア裏山の庄内川沿いの定光寺から多治見間の8キロあまりの距離に全国でも珍しい14ヶ所ものトンネルが掘られたが、1961年、新ルート開通によりこれらの鉄路が廃線となり、約8キロの軌道敷は川沿いの急峻な崖にあったため、2006年に市民の手で発見されるまで約半世紀の間、人々の記憶から消え去っていた。(荒野のヒカリ ブログより)

無人駅の定光寺駅、秋と春の二回に10日ほど無人駅にも特急が停まるとのことです。

画像: 無人駅の定光寺駅、秋と春の二回に10日ほど無人駅にも特急が停まるとのことです。

市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像1: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像2: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像3: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像4: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像5: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像6: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像7: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像8: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像9: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像10: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像11: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像12: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像13: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像14: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像15: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像16: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像17: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像18: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像19: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

画像20: 市民が集まり「廃線とトンネル群の再生活動」がスタート。藪(やぶ)を切り裂き道なき路を作り自然に埋もれた“廃線の発掘”と文字どおり探検もどきの活動が始まった。長年の間放置された廃線には直径30センチを超える樹木が育ち、5人で1日5mも進めないほど獣道もない鬱蒼(うっそう)とした藪に遮られていたが、愛知県側の廃線1.7キロを整備したことをきっかけに市民にも触れてもらおうと2008年「再生現場見学会」を開催した。その後、毎年春と秋の限定で5日間程度の特別公開を実施し、近年は全国20都府県や海外から年間3万人近い入場者が訪れている。調査の結果、現存する明治期のレンガ製隧道としては国内最多を誇る規模であることが判明(ブログより)

This article is a sponsored article by
''.