フジゼロックススクエアにて

『地球の真実』写真展を観ました。

これもまた、素晴らしい写真展でした
が、
同フロアで同時にやっていたのが

ジャック=アンリ・マルティーグの写真展でした。

壁面一枚分、作品数は20作位だったと思います。

惹きこまれました。

父の影響でカメラを構えた姿のマルティーグ少年から始まり
戦争の始まりを現す写真で終わる間の、

自動車、
飛行機への興味と

親しい人たちへの彼の眼差し

親しい人たちから彼への
微笑ましい眼差し。

見ている私も
微笑む、

壁面一枚に流れる物語。

拝啓 ラルティーグ様、

私はあなたを初めて知りました。

あなたのように
カメラを楽しみ生きていきたいです。

いつかあの世で、
お会いできますように。

画像1: フジゼロックススクエアにて

画像2: フジゼロックススクエアにて

画像3: フジゼロックススクエアにて

画像4: フジゼロックススクエアにて

真心ブラザーズ - 拝啓、ジョン・レノン

youtu.be

8歳から自分で現像していたって
      ……どんだけー!

This article is a sponsored article by
''.