画像: 随花 應花... 習作

花の心

スタジオに籠り、光の在処を決め、そして花に対峙する時にいつも思う。。。

『さて、この花の一体何を撮れば良いのか.......』 と。。。

スタジオには、それこそ光と影しか無く、ましてやボクのスタジオの背景や床は黒一色のみ。

花の色の艶やかさや、その佇まいの美しさ、そして可憐さだけを撮るのあれば、ライティングを華やかにして、レンズを絞れば良いのであるが、それではカタログ的な写真となってしまい、どうやら当の本人に取っては、それでは全く不満らしい。。。

目的意識も、目標も持たずに、こうした状況の中に自ら進む辺りが、そもそもの間違いなのであろうが、そこから先に待ち構える世界は、完全に表現者としての世界である訳で、これは、いささか登るべき山が高過ぎる様な気がしてならない。。。

何度かのスタジオでの花の撮影を通じ感じた事は『花の心』。花として生まれた彼女達の、その時の心情を、写真を通じて表現する事が、目下の所、私の思い付く精一杯のテーマであるが、、、

さて、挑むのか...................

画像1: 花の心

画像2: 花の心

画像3: 花の心

画像4: 花の心

画像5: 花の心

This article is a sponsored article by
''.