画像: ガーベラ習作......。

カメラ側のピクチャースタイルと格闘....

結果、この日はカメラ側のピクチャースタイルと格闘を繰り広げる事となりました。通常、こうした所謂物撮りに関しては、まずは撮影対象物の持つ、色や艶やカタチ等々を忠実に写真に残そうと思うのですが、その様な素直な気持ちによるアプローチでは、全くNGとなる場合がありまして....

今回のダリアもそうでした。ノーマルや忠実設定、ニュートラルなどのピクチャースタイルではどうにも眠たい写真となり、露出や絞りなども諸々条件を変えてトライを試みますが、モニターに映し出される画像は、あるべき姿の写真とは随分とほど遠い感じでありまして.... 確かに、この花を撮ろうと思っていた時から、嫌な予感は致しておりましたが、それがまさに的中。所謂、ドつぼと云うヤツですね。。。。。。

ピクチャースタイルをCLEAR (canon) に設定

この時点で、既に1時間程は経過。。。確かに少々苛立を感じつつ、しかし、そんな乱れた心では、大概の写真はブレブレ状態となりますので、ここは冷静さを保つ為の己との闘いとなりまして.......

この日、いつもならスタジオでは絶対に設定をしない CLEAR と云うピクチャースタイルでたまたま撮影を試みた所、、、救われました。。。しっくり来たとでも云うのでしょうか、これなら撮影を進める事が出来るな、と。。。

ただ、そうは云っても、CLEAR 側の諸々の設定、コントラストやらシャープやら、色合い等々をこま目にイジる作業は必要となりましたが、、、

今回も、いつも通りの「現場対応」的な撮影となり、果たしてこれで良いのか?? などと思いつつ、これはもう、経験を積む以外に解決の手段は無いのでありましょう..... しかし、写真を撮るって、本当に大変ですね。。。。。

画像1: ピクチャースタイルをCLEAR (canon) に設定

画像2: ピクチャースタイルをCLEAR (canon) に設定

画像3: ピクチャースタイルをCLEAR (canon) に設定

画像4: ピクチャースタイルをCLEAR (canon) に設定

画像5: ピクチャースタイルをCLEAR (canon) に設定

画像6: ピクチャースタイルをCLEAR (canon) に設定

画像7: ピクチャースタイルをCLEAR (canon) に設定

画像8: ピクチャースタイルをCLEAR (canon) に設定

画像9: ピクチャースタイルをCLEAR (canon) に設定

画像10: ピクチャースタイルをCLEAR (canon) に設定

画像11: ピクチャースタイルをCLEAR (canon) に設定

This article is a sponsored article by
''.