画像: 母の趣味…

70歳を過ぎた母親が......

ボクの会社の近くに住んでおりますが、何分仕事が忙しく、中々と云いますか、殆ど顔を見せに行ってやる事が叶わないでおります。母も母で、当方を気遣っているのでありましょう。それこそ歩いて10分程度の距離なのでありますが、まず、来ません。。。

そんな折、珍しく所用が出来まして、本日、久方振りに母の家に行って来ました。現在、ある意味、母は悠々自適な生活を送っておりまして、ボクが知る限り、母の人生において今が一番充実し、安穏且つ楽しい日々を送っているのでは無いでしょうか… その証拠がこれらの手縫いの長財布でありまして、母の家の白いテーブルの上に置かれておりました。昔から針仕事が得意だった母は、この歳にして遂に才能を開花させたのでありましょう。

母が最も得意とするジャンルはパッチワーク

その手法を存分に用いて作られたそれら長財布の佇まいは、完全に趣味の域を越えており、素人の手作り品にありがちな曖昧さなどが全く見受けられません。カードを収納する部分のパーツにはミシンを用いたとの事でありますが、それ以外の部分は全て手縫いで仕上げたとの事。

一体、一つの財布を作るのに、どれくらいの時間を要するのかを母に聞いた所、約一ヶ月であるとの返答。。。それでは全く商売にはならない事を、ボクは瞬時に悟った訳でありますが、勿論、母も、この歳になって、息子の食い物にされるつもりなどは毛頭無く… しかし、それ位に母が作った長財布は、商品として立派に成立する程のクオリティーと魅力に溢れておりました。

お茶を飲みながら、たわいもない話をする事、約一時間。仕事に戻らなくてはならないボクは、再度、小さな仏壇の前で手を合わします。明日は、三年前に亡くなった父の命日でありますが、お墓までは会社から車で四時間以上はかかる距離でありまして… 今年も、その日には墓参りをする事が出来ない事を父に詫びつつ、母の家を後にしました。

画像1: 母が最も得意とするジャンルはパッチワーク

画像2: 母が最も得意とするジャンルはパッチワーク

画像3: 母が最も得意とするジャンルはパッチワーク

画像4: 母が最も得意とするジャンルはパッチワーク

画像5: 母が最も得意とするジャンルはパッチワーク

画像6: 母が最も得意とするジャンルはパッチワーク

This article is a sponsored article by
''.