今年も、この日が近づいて来ました。。。

平成21年10月26日 午後22 : 30頃… その日は冷たい雨がしとしと降る夜でありました。仕事を終え、いつもの様に駐車場に向かいますと、ボクの車の下から子猫の声が....… その姿を見たらきっと連れて帰る事になるだろうと、そんな予測が直ぐにつくらい、とにかく、その鳴き声は幼すぎ、そして助けを求めていました。

しかし、拝宅には既に2匹のネコがおりまして、その内の一人は病弱な故、とてもその娘を連れて帰る事は叶いません。そんな訳で、妻と二人、心を鬼にして、車の下を覗き込み、少しばかりお脅かす様なそぶりを見せ、車の下からその娘が逃げて居なくなってしまう様に仕向けましました。

暫くそんな事を続けましたが、何分真っ暗でありました故、逃げて走り出す姿は確認出来ませんでしたが、が....... 細い鳴き声は全く聞こえなくなっておりましたので、車に乗り込みエンジンを掛けます。それでも、もしかしたら、未だ車の下に居るかも知れないなどとも思ったものですから、アイドリングの時、わざとアクセルを何度か踏み込みまして、念の為、再度、車のエンジン音で脅かして見ました。そして、更にゆっくりとアクセルを践み、ハンドル少しを右に切ります。タイヤが半分位傾いたた頃でしょうか….... 右側の後輪が何かに乗り上げた事を感じました。

その時、後輪からハンドルに伝わった、感触、振動、ボクはもう一生忘れる事は出来無いでしょう。

自分が一体何をしでかしたか、瞬時、ボクには分かりました。。。極度のパニック状態に陥りつつ、車のドアを開けると、そこには雨にぬれたアスファルトの上に、真っ白な子猫が、体を小刻みに震わせ横たわっておりまして....... 頭を抱え、悲鳴を上げるボクの傍らで、血に塗れてしまったその子を、冷たい雨の中、抱きかかえる妻の姿を見た時、ボクは初めて我にかえった事を、今でもよく覚えています。。。

翌日、ペットの葬儀屋さんに来て頂き、その子の亡骸を荼毘に付す手配を取りました。帰り際、葬儀屋さんはボクらに『御位牌はどうします??』と聞かれるので、その手配をお願いした所、『お名前は?』と云う事になりまして、初めてその時、その娘の名前を『ミー』と名付けました。。。

自らの不注意で招いてしまった出来事ではありますが、その亡くなり方が、あまりにも理不尽で、可哀想で可哀想で仕方なく、それから毎朝毎晩、その場所でボクらはお線香と水を上げ続けました。

画像: 今年も、この日が近づいて来ました。。。

ミーの49日の日に.......

その日は日曜日でありまして、普段なら妻は仕事が休みなんですが、ミーの49日にあたる日でありましたので、彼女もお線香を上げる為会社に来ておりました。すると夕方、、、会社の玄関先にあの時の葬儀屋さんの姿がありまして….... そうなんです、49日のその日にボク等はミーの位牌を受け取ったんです。

ミーが許してくれた事を感じつつ、こうした形でボク等の元に帰って来てくれたと云う事が、何よりも、本当に、本当に嬉しく、あの時は妻と二人、手を取り合って喜びました。。。

毎年、命日や、その日の近くになりますとお墓参りに行くのですが、ミーのお塔婆は、こうしていつも同じ場所の一番表に立っていてくれまして....... 今年も、この様に、ボク等が来る事を待っていてくれました。。。

画像1: ミーの49日の日に.......

画像2: ミーの49日の日に.......

画像3: ミーの49日の日に.......

白い子猫 : 谷中のミーちゃん

東京は上野、そして谷中。昔ながらの風情のある街です。。。
温かかで、そして凛としていて…
また、ネコの好きな方が、多く住んでいらっしゃる様で、、、
そんな方々と街に見守られて、ミーは今、谷中で静かに眠っています。

画像1: 白い子猫 : 谷中のミーちゃん

画像2: 白い子猫 : 谷中のミーちゃん

画像3: 白い子猫 : 谷中のミーちゃん

確か昨年も、同様の記事をfbか会社のブログに書いたのですが、
fbの履歴に残ってはおらず、会社のブログも今年、一新してしまったもので.......
どうしても、ミーの身に起きてしまった事は、この様な文章で残しておきたく。。。
ボクに出来るミーへのせめてもの事として、本日、改めてここに記す次第です。

This article is a sponsored article by
''.