画像: 横浜イタリア山 : 外交官の家にて...

横浜山手

ここには、本当にとんでもな無い規模のお屋敷が建ち並ぶエリアでありまして、街の景色は勿論の事、その澄んだ様な空気感は、確かに下界の喧噪にまみれたそれとは明らかに異なります。本物のお金持ちの方々がお住まいになれている訳でありまして、ここに来る度に『嗚呼〜〜〜、このお家の子供に生まれたかった....』などと、誰もがきっと、そう思われる事に違いありません。。。

そんな横浜山手地区には、古式ゆかしい洋館が幾つか点在を致しておりまして、先日の休日。昼食を済ませた後、散歩がてらにその内の一つ、山手イタリア山庭園内に在ります [外交官の家] に行って来ました。。。山手の洋館と云えば、ベーリック・ホールが有名ですが、こちらのお屋敷も、また格別な趣がありまして、実に素敵です。。。

外交官の家(旧内田家住宅)

外交官の家(がいこうかんのいえ)は、1910年(明治43年)に建築された塔屋付き木造2階建の西洋館。1997年に、国の重要文化財に指定されている。明治政府の外交官内田定槌の邸宅として、アメリカ人建築家のジェームズ・ガーディナーの設計により東京都渋谷区南平台町に建てられた。1997年(平成9年)に、内田定槌の孫の宮入久子から横浜市に寄贈され、山手イタリア山庭園に移築復元のうえ一般公開された。1階は食堂と客間、2階は寝室や書斎が再現され、展示室にはガーディナーの建築作品や、当時の外交官の暮らしに関する資料が展示されている。附属棟には喫茶コーナーが設けられている。

画像1: 横浜山手

画像2: 横浜山手

画像3: 横浜山手

画像4: 横浜山手

画像5: 横浜山手

画像6: 横浜山手

This article is a sponsored article by
''.