画像: 何故.... "光と影のグラフ" なのか : Part-1

"光と影のグラフ" はdinoと呼ばれるオウンド・メディアシステムで構築されているらしい。。。

これ以降、皆様に、 "光と影のグラフ" = dinoと云う全く新しいオウンド・メディアシステムが何故必要なのか、と云う事の詳細を、都度都度、ご紹介させて戴こうと思っておりますが.... ただ、この様なオウンド・メディアの方法を取り入れ、広くマスのサイドに展開を始めた "光と影のグラフ” の様なサイトは、これは決して大袈裟でな無いと思うのですが、 国内でもまだ非常に稀なケース でありまして、管理人であります私 : クワイが何を考えているか? 的な事を、現段階では中々ご理解頂けない事と思います。

とにかく、この "光と影のグラフ" と云うサイトの場合、複数の投稿者が写真を通じ一つのサイトに集まり、自らの意のままにインターネットを駆使し、何人にも邪魔されず、自らの表現方法で、投稿と云う作業を通じ、個々の目的の実現を目指す事が出来うるシステムであると思っておりまして、正直私は、このdinoと云うオウンド・メディアのシステムは、facebookが登場した時以来の、IT業界における革命的なシステムだとも思っています。また私程度の人間が、こうした事変に気付き、今回この様に実際に行動を起こした訳でありますので、こうしたオウンド・メディア的なシステムを取り入れた様々な新しいサイトの展開や流れは、今後の主流になって行くものだとも予想しております。

オウンドメディアとは....

企業やブランドが自ら「所有する」メディアです。オウンドメディアは、トリプルマーケティングと呼ばれるオウンドメディア(Owned Media)、ペイドメディア(Paid Media)、アーンドメディア(Earned Media)の3つのマーケティングチャネルのひとつです。

それぞれのメディアが持つ大きな役割として、ペイドメディアが「認知、集客」、アーンドメディアが「拡散」であるならば、オウンドメディアは「顧客との関係構築」と言えます。

オウンドメディアは今後、企業とユーザーのコミュニケーションにおいて、すべてのメディアのハブとして非常に重要な役割を担っていくことは間違いありません。オウンドメディアは唯一の「オリジナルな情報」の発信源となり得ます。

多様化するWebマーケティングにおいて、企業に今もっとも求められるのは 「ユーザーとの最適なコミュニケーション」を通じて関係構築をすることなのです。

画像: "光と影のグラフ" はdinoと呼ばれるオウンド・メディアシステムで構築されているらしい。。。

スマートフォンの登場… この影響はデカかった。。。

IT業界におけるスマートフォンの爆発的な台頭は、その一大勢力地図を既に塗り替えしまっています。彼等はかつての帝王 : Googleに印籠を渡し、更には新たに王者として君臨をして来たfacebookにでさえも 『君達はもはや、単なる情報の拡散の為の装置でしかあり得ませんから...』 などと迄、言い切ってしまっている訳でありまして、いささか横暴とも云えるスマートフォンからの弁ではありますが、流石の帝王達も、ITの新たな主役となったディバイス : スマートフォンに逆らう事は出来ない事でありましょう。。。

とにかく ”光と影のグラフ” どうか、今後とも、どうか宜しくお願い致します!!

今回、皆様にご案内をさせて戴きました “光と影のグラフ” も、実はその様な考えに基づきリリースをさせて戴いた訳でありまして、にわかIT解説者の如き話の展開で、甚だお恥ずかしい限りではありますが、とにもかくにも “光と影のグラフ” は、単なる私の思い付きからスタートした代物では無いと云う事だけは、今夜の所はどうかご理解を戴きたく思う次第であります!!

画像: とにかく ”光と影のグラフ” どうか、今後とも、どうか宜しくお願い致します!!


This article is a sponsored article by
''.