前回の反動で、今回は文章が多いですψ(`∇´)ψ

ルクソールへと向かう道の途中で…

だいぶ日も暮れて、だいぶお腹が減ってきました。
あと1時間くらいでルクソールに到着する予定。

画像1: ルクソールへと向かう道の途中で…

ひたすらナイル川沿いを北上していきます。。。

画像2: ルクソールへと向かう道の途中で…

画像3: ルクソールへと向かう道の途中で…

突然、車を止められて…

日は落ちたけど、まだ周りの景色は見えるという時間帯。
しばらくまっすぐな道を走っていると、 道の向こうに人が両手を広げて通せんぼ してるのが見えます。

やむなく通せんぼする人の前に停車するなり、その人は運転手のところに歩いてきて何やら大声で話を始めました。もちろん日本語じゃないので、内容はわからず…
すると、強引に運転手を車から出して林の奥へと連れていきます!

このシチュエーションはもう、 強盗や盗賊の類い しか思い浮かびません。
…終わった((((;゚Д゚)))))))

…自分たちとガイドさんの3人で、車の中で待つこと20分くらい…

「あ、戻ってきました!」

向こうから運転手が1人で戻ってくる姿が!

「だいじょうぶですか?」
「これ、みなさんでどうぞ。」
「は???」

運転手が持ち帰った黒いビニール袋を見ると、

画像: カットしたスイカが……?

カットしたスイカが……?

どういうことか聞いたら、これも イスラム文化ラマダン が絡んでくることなんですが…

※ラマダンは以下を参照…

※イスラムの文化は以下を参照…

要は 「富のあるものが積極的に与える」 ことと 「日没まで飲食禁止」 の合わせ技で、 日没後に道行く人々を片っ端から止めて、料理を振る舞っていたそうです。

寿命縮んだわ((((;゚Д゚)))))))

いただいたカットスイカですが、 生ものを口にしたらお腹を壊す とのことで、しばらく走ったところでゴミ箱に捨てました(^^;;

ルクソールに到着…

ルクソールに到着するなり、食事前に貴金属のお土産屋へ。
ここでは、自分土産にカルトゥーシュをモチーフにした指輪を購入。

画像: しまった、店の中を撮るの忘れた(^^;;

しまった、店の中を撮るの忘れた(^^;;

やっとレストランに到着です。

画像1: ルクソールに到着…

日没過ぎてますが、夕食どきを過ぎたからか客は私達のみ…

画像2: ルクソールに到着…

画像3: ルクソールに到着…

画像4: ルクソールに到着…

やっと、ホテルに到着…

夜10時過ぎにホテルに到着。長かった…

画像1: やっと、ホテルに到着…

画像: 中庭のステージで、ショーをやってました。

中庭のステージで、ショーをやってました。

画像2: やっと、ホテルに到着…

翌日は早朝から気球に乗ってルクソール上空で朝を迎えるオプションツアーを予約していたので、この日も早々に寝るのでした…

続く。

<< Previous: エジプト旅日記-17 Next: エジプト旅日記-19 >>

This article is a sponsored article by
''.