すみません、今回も長い文章になってしまいました (>人<;)

ギザ駅へ…

ギザ駅へと向かう道で、そこそこの渋滞に巻き込まれます。
カイロの街の道路はけっこう整備されてますが、中心部はやたらと車が多いのです。

画像1: ギザ駅へ…

画像2: ギザ駅へ…

画像3: ギザ駅へ…

ギザ駅に到着。

ギザ駅に着きました。ここでガイドさんから、

「運転手さんに バクシーシ を渡してもらえますか?」

バクシーシはチップと同じ行為ですがニュアンスが全く異なります。
イスラムの教えでは、

「富のある者が 恵まれない者に与えることを美徳

としており、これを基にバクシーシという風習があるそうです。
運転手へのバクシーシは、報酬に値するので快く渡しました。

ただ、この教えをいいことに、 恵まれない者 (=こ○き) が積極的にせびってくる そうで、この旅の途中で、何度もガイドさんがバクシーシを与える姿を見ています。ガイドさんはこの風習を嘆いてました。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/チップ_(サービス)#.E3.83.90.E3.82.AF.E3.82.B7.E3.83.BC.E3.82.B7

ギザ駅の中へ。

改札は無く、誰でも自由に駅のホームに入れます。
ガイドさんが言うには、エジプトの列車にはⅠ等客車からⅢ等客車まであるそうです。

Ⅰ等客車 主に外国の観光客向け。今回乗った寝台列車もこれ。
Ⅱ等客車 日本の電車と同じ。
Ⅲ等客車 基本的に、Ⅱ等客車と同じだが、窓枠があるが窓枠は無く、入り口はあるがドアは無く、夜は電灯が点かない。
(ブラウザによっては、枠線が見えないかもしれません m(_ _)m )

エジプトのほとんどの客がⅢ等客車に乗り、すし詰め状態だそうです。
日本人がⅢ等客車に乗ると、身ぐるみ剥がされそうです((((;゚Д゚)))))))

画像: エジプトのⅠ等客車。自分たちが乗る1つ前の便。

エジプトのⅠ等客車。自分たちが乗る1つ前の便。

駅に入ったとき、目の前には列車が止まってましたが、自分たちが乗る列車では無く。。。
自分たちが乗る列車は、予定の時間になっても到着してませんでした。
エジプトの電車は、時間通りに運行することがまず無いらしく、30分とか1時間は遅れることがざら。

日本の路線は2、3分遅れただけで「大変申し訳ありません」なんてアナウンスしますが、国レベルのもっと大きな視点で見ると、電車なんて少々遅れても当たり前。
どっちが異常なんだろうって思う瞬間でもありました。

しばらくの間、寝台列車待ち…

画像: ギザ駅のホーム。線路上にゴミが散乱してる。。。

ギザ駅のホーム。線路上にゴミが散乱してる。。。

線路上にゴミが散乱してました。
聞くと、以前の大統領の独裁政権だった頃はまだ治安が良く、駅も含めた街中の清掃もされてたそうですが、アラブの春以降は政権が不安定で、清掃まで行き届いていないのが実情だそうです。

しばらく待ってると、ガイドさんが気を使ってくれて「これ、食べてください。」とナンの差し入れが\(^o^)/

画像: ガイドさんが買ってきてくれた差し入れ。

ガイドさんが買ってきてくれた差し入れ。

そういえば、だいぶ日も落ちてきました。
ありがたくいただこうとしていると、ガイドさんが電話を。

「何かあったんですか?」
「嫁さんに電話して、 日没 の時間を確認してました。」

そうか、ガイドさんもイスラム教徒なんで、まだ食事できないんですよね。。。

で、差し入れを食べ始めた頃、向かいの線路の列車が動き出しました。前からⅢ等客車が4両、Ⅱ等客車が4両、Ⅰ等客車が4両の順だったと思います。Ⅲ等客車は、ガイドさんの言う通り、暗い車両の中ですし詰め状態。
しばらくその列車が動くのを見ていると、なぜか少し進んだところで列車は止まり、目の前にⅢ等客車の車両が。たちまち車両の人たちが私たちを見つけ、騒がしくなるのです。

…「ヤポーネ!」は聞き取れましたが、他にもいろいろな言葉を浴びせられます。当然内容などはわからず。恐らく「食ってるものよこせ」とか「日本人だけいい思いしてんじゃねー」とかだと。

何にせよ、 目を合わせたらヤバい。写真を撮ったら殺される。
そう直感し、列車が動き出すのをひたすら待ち続け、しばらく経ってやっと列車は駅から離れました。

やっと、寝台列車の車内へ。

いろいろあって、やっと自分たちが乗る寝台列車が到着。
この時、空港で迎えてくれた別の現地スタッフも見送りに来てくれました。

いよいよ出発。程なくして夕食が。なんと、寝台列車は夕食付き!

画像: やっと、寝台列車の車内へ。

が、差し入れでお腹いっぱい。
乗る前に食べた差し入れの腹持ちが良すぎて、食べきれず。悔しい。。。(T ^ T)

画像: 車両の廊下。他の部屋は全てアジア系の人が乗ってたが、日本人は自分と旅仲間の2人のみ。

車両の廊下。他の部屋は全てアジア系の人が乗ってたが、日本人は自分と旅仲間の2人のみ。

画像: 部屋の中。折りたたみ式の2段ベッドで、洗面台付き。トイレ別。

部屋の中。折りたたみ式の2段ベッドで、洗面台付き。トイレ別。

この日は色々と疲れて、夜景を十分に楽しめずに眠りにつくのでした。

続く。

<< Previous: エジプト旅日記-7 Next: エジプト旅日記-9 >>

This article is a sponsored article by
''.