ハン・ハリーリ市場へ。

一行はエジプトで有名なハン・ハリーリ市場へ。
ぼちぼち人がいるが、ガイドさん曰く、

「今はラマダンなので、昼間は人が少ないです。」

自分たちが行った時期は、ちょうどイスラムの ラマダン(断食月) 真っ最中。この期間、イスラム信者は 太陽が出ている間は飲食禁止 です。
唾を飲み込むのもダメ だそうです。
ただ、飲食禁止なのは太陽が出ている時だけなので、その反動で 毎晩パーティー です。

そんなわけで、たまたまハン・ハリーリ市場に人の少ないタイミングで訪れました。。。

画像1: ハン・ハリーリ市場へ。

市場の奥に進むにつれて、客寄せの声が大きくなってきます。

「ヤポーネ(日本人)」
「ニーハオ」
「ヤスイヨ」
「コンニチハ」
「ソンナノカンケーネー」…

ちょっと待て、 「ソンナノカンケーネー」 って何だ?∑(゚Д゚)
まさか、昔日本で流行ったギャグなのか?
…いやいや、今年は2012年。何年も経ってるから、そんなはずは…
「オッパッピー」
間違いない、 小島よしおだ((((;゚Д゚)))))))

なんで今さら、ここでこのギャグが?
いろいろ疑問を抱きながら、私たちはさらに奥へと進むのです。

画像2: ハン・ハリーリ市場へ。

画像3: ハン・ハリーリ市場へ。

画像4: ハン・ハリーリ市場へ。

画像5: ハン・ハリーリ市場へ。

画像6: ハン・ハリーリ市場へ。

画像: 暑いから日除けをしている道多し。

暑いから日除けをしている道多し。

途中、水タバコの店に寄ってみる。

お土産に水タバコを買おうと、人が2,3人くらいしか入れなさそうな店の中へ。
店の中には、おじいさんが1人。
しばらく店の中を物色していると、10人くらいのエジプト人が店の外に集まってきて、「ヤポーネ」「ヤポーネ」と騒がしく。。。現地人から見ると日本人はカモネギなんだろうなあ(^^;;

画像1: 途中、水タバコの店に寄ってみる。

いくつかお土産に見繕って、価格交渉開始。
いくらか落としたところで、店のおじいさんが、

「胸のボールペンをくれたら、さらに安くしてやる。」

胸のボールペン、実は日本で買ったガイド本には、

「ボールペンや飴玉をあげると喜ばれる。」

なんて事が書かれてあったので、事前に100円ショップで3本100円のボールペンを大量購入していたもの。喜んで、30円くらいのボールペンを差し上げて、ディスカウント成功(^_^)

画像2: 途中、水タバコの店に寄ってみる。

すると、上の写真の兄ちゃん、店の人ではないのに自ら進んで梱包してくれました。
で、オレもボールペンくれって言ってくるので、この兄ちゃんにもボールペンを。

そしたら、一緒に「ソンナノカンケーネー」をやってくれとか言い出してきたので、本場の「ソンナノカンケーネー」をこの兄ちゃんに叩き込んでやりました(笑)

画像3: 途中、水タバコの店に寄ってみる。

画像4: 途中、水タバコの店に寄ってみる。

画像5: 途中、水タバコの店に寄ってみる。

画像6: 途中、水タバコの店に寄ってみる。

画像: さらに奥に進むと、さらに人が多くなってきた。

さらに奥に進むと、さらに人が多くなってきた。

画像7: 途中、水タバコの店に寄ってみる。

画像: これをイスラムの女性が着るの?外人向け??

これをイスラムの女性が着るの?外人向け??

市場をいろいろ見て回った後、お迎えの車に乗って次の目的地へ移動するのでした。

続く。

<< Previous: エジプト旅日記-5 Next: エジプト旅日記-7 >>

This article is a sponsored article by
''.